試してリコメン堂♪

中年オヤジが試したコト/モノをオススメするブログ
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
台湾旅行でSIMカードの利用をオススメしたい

JUGEMテーマ:台湾

台湾旅行で国内キャリアの国際ローミングを使っている貴方、

モバイルルータをレンタルして持って行っている貴方、

次の台湾旅行では、Prepaid SIMカードを使ってみませんか?

 

 

1. 国内キャリアのローミング

台湾を旅行する多くの方が、国内通信キャリアの国際ローミングサービスを使って、

日本から持参したスマホを使っているのではないかと思います。

 

わずかの設定変更で、使い慣れたスマホを海外で使う事ができ、しかも利用料金には

上限が設定されているので安心という、非常に便利なサービスだと思います。

 

ただ、結局毎日上限料金に達してしまい、請求額が意外と高いと感じませんか?

 

2. モバイルルータのレンタル

他のメジャーな方法として、モバイルルータを借りていくというのもあります。

申し込んでおいて、台湾の空港で受け取るサービスもあるようですね。

 

ローミングに比べ料金が安く、誰かが持っていれば、同行者もWi-Fiをシェアできる

というのも、大きな利点だと思います。

 

その一方、スマホに加えてルータを持ち歩く必要があったり、旅行前後でルータを

借りたり返したりというのは、面倒くさいと感じませんか?

 

3. SIMカードの利用環境

そんな貴方にオススメしたいのがプリペイドSIMカードの購入です。プリペイドSIM

自体は何ら新しい方法ではなく、世界各地で以前から利用されてきた方法です。

 

但し、日本においてはスマホをキャリアで購入するケースが多く、そうしたスマホは

SIMロックがかけられていたため、そのキャリア以外のSIMが使えず、海外SIMカードの

利用はハードルが高い状況でした。

 

しかし、現在では一定の条件の下でのSIMロック解除が、キャリアに対して義務付け

られました。また、SIMフリーのスマホ購入も、以前に比べはるかに容易になりました。

 

従って、プリペイドSIMカードを使いやすい環境が整ってきたと言えます。

 

使用に際しては、単純にSIMカードを差し込むだけなので、難易度は高くありませんが、

台湾の空港で買えば、店員がセットアップしてくれるので、買ったけど使えなかった

というリスクは高くありません。

 

競争が激しいせいか、料金も非常に良心的です。

国内キャリアのローミングに比べて安く、レンタルルータに比べて手軽に使えます。

 

4. SIMカードの入手

台湾ではSIMカードは、空港で簡単に入手できます。

 

松山空港では入国審査を終えて、ロビーを横切った外に出る出口の横に中華電信の

ブースがあり、カードを入手できます(他のブースを見かけませんでした)。

 

桃園空港では、選択肢が多様です。ロビーに出て、MRTに向かう通路沿いに複数の

キャリアがブースを構えています。

 

どこの店も複数のプランを分かりやすく記載しているので、指さしで対応できますが、

使用するSIMカードのサイズ(NANOとか)は調べておいた方がいいかもしれません。

 

最初に出てくるのは、台湾大哥大(Taiwan Mobile)のブースです。一番安いプランは、

5日間でNTD500(1,850円)で、NTD300分の通話が含まれていました。

(1NTD=3.7円で計算)

十分に魅力的な価格だったのですが、5日間も台湾にいないので、先に進みました。

次は中華電信(Chunghwa Telecom)のブースです(写真はブースの隣の店舗)。

こちらでは3日間のプランが用意されていました。Data/Wi-Fiは使い放題、NTD100の

通話を含んで、NTD300(1,110円)でした。以前、松山空港で買った時はデータのみの

プランがあったと記憶していたので聞いてみましたが、これが最安プランでした。

 

同じ価格で5日用カードもあり、こちらはデータ使用可能期間が2日間長い代わりに、

無料通話がNTD50分と半分でした。5日間の滞在なら迷わずこれを買いますね。

 

このような紙のパッケージにSIMカードが入っています。ペンで印を付けたところに

電話番号が印刷されており、台湾で着信可能な電話番号として利用できます。

通話はしないので無駄だろうと思いましたが、3日間プランのSIMカードを購入し、

店員にスマホにセットしてもらいました。

 

予想通り、通話はしなかったのですが、お店の予約なんかで電話番号を聞かれる機会が

何度かあり、その際にこの電話番号が役に立ちました。

 

台湾の電話番号はあっていいと思います。

 

今回はスマホ用のみを購入しましたが、SIMが入るタブレットやPCを持ち込む場合、

値段が安いので、こうした機器用にもSIMを購入するとテザリング不要で便利です。

 

次の台湾旅行では、現地でSIMカードを購入して利用してみましょう。

プリペイドSIMカード、オススメです。

 

私が使った物とは違うのですが、日本で買って持っていくのもいいかもしれません。

中国のChina Unicomと台湾の台湾之星、いずれもキャリアです。


【中国聯通香港】「 大中華 30日間 1GB 中国全省 香港 澳門 台湾 最高42Mbps 3G接続 データ通信・上網 / SIMカード 」


Hot Taiwan SIM-TSTAR台湾之星 台湾プリペイドSIMカード5日 4G・3Gデータ通信高速無制限使い放題(速度制限なし)

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.