試してリコメン堂♪

中年オヤジが試したコト/モノをオススメするブログ
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINE Payをオススメしたい

JUGEMテーマ:クレジットカード

- 世の中の全ての買い物を2%引きにする方法 -

2018年6月1日からポイント還元スキーム変更です。

「LINE PAYポイント還元の変更を紹介したい」を併せてご覧ください。

 

クレジットカードなんてどれも同じとお考えの貴方、

複数のカードを使用する貴方、高機能でポイント

還元率の高いLINE Payを使いませんか

 

1. LINE Payとは

LINE PayはJCBブランドの付いたデビットカードとLINEのスマホアプリを組み合わせた

決済サービスです。街中での買い物、ネット上の支払いなどクレジットカードと同様の

使い方に加え、以下で紹介する様々なサービスが用意されています。

 

このサービスの最大のポイントは、何と言っても決済代金の2%相当のLINEポイントが

還元される事でしょう。一般のカードの還元率は0.5%〜1.0%くらいなので還元率は

極めて有利と言えそうです。

 

貯まったポイントは、チャージ金額に振り替えて、次の買い物に使用する事ができます。

言い換えれば、LINE Payで決済を行う限り、世の中の商品の値段が実質的に2%引きに

なるという事であり、これはApple Storeなどでの定価販売の買い物においても同様の

効果を発揮します。

 

また、ポイントはLINE STOREでの買い物や、nanacoポイントへの交換等も可能です。

 

2%還元の効果は大きく、LINE PAYカードに支払いを集中する事で、気がつくと500円、

1,000円分のポイントが意外と簡単に貯まっていきます。無駄遣いしすぎてるのかも。。。

 

 

2. LINE Pay CARDの入手

LINE Payを使うためにはまず、カードを入手する必要があります。私はコンビニで入手

したのですが、コンビニでの販売は既に終了し、LINEのHPでの申込となったようです。

 

今でもコンビニでLINEキャラクターのプリペイドカードを売っているのを見かけますが、

これはポイントカードで、LINE Payカードではありませんので、ご注意下さい。

 

カードを入手し、パスワード等の必要情報を入力すると簡単にアクティベートできます。

 

 

3. LINE Pay CARDを使ってみる

 

LINE Payはデビットカードなので、使用する前にお金をチャージする必要があります。

一見面倒臭そうに聞こえますが、一瞬でチャージできる方法が用意されています。

 

コンビニやPay-easyでもチャージ可能ですが、オススメは銀行口座からのチャージです。

予め銀行口座を登録した上で、LINE Payからチャージ、銀行口座と選択すると、対象の

銀行口座が表示されます。チャージ金額の選択ボタンで金額を選択して実行すると、

ピコッという音がした次の瞬間、画面上の表示金額が増加し、チャージが完了すると共に

LINEにメッセージが送られて来ます。

 

買い物の際は、基本的にクレジットカードと同様の使い方です。

カードを渡してサインを行い、代金を決済すると、LINEにメッセージが送られて来ます。

メッセージでは利用金額とチャージ残額が確認できるのでとても安心です。

万一カードを落として誰かに使われたとしても、メッセージが来る事ですぐに不正使用に

気付く事ができます。

 

また、アプリ上で決済履歴を確認する事もできますし、Money ForwardやZaimといった

家計簿アプリと連動する事で、他の支出と併せての資金管理も可能です。

 

お小遣い制のお父さんだと、お小遣いをLINE PAYに全額チャージして、チャージ金額を

なるべく残すように生活する、又は残したい金額を予め除いてチャージし、その範囲内で

1ヶ月を乗り切るというやり方をすると便利かもしれません。

 

4. LINE Payへのお願い

決済でお金を支払ったり、チャージを行なった際にメッセージが飛んでくるという方法は

中国で普及する微信支付(WeChat Pay)や支付宝(Alipay)にも通じるものがありますが、

あちらがQRコードをのみを使って決済等を行うのに対し、LINE Payではカードの提示や

サインが必要です。

 

LINE PayアプリにもQRコードの表示機能やQRコードリーダーがついているのだから、

アプリのみでの決済を可能にできないものでしょうか?アプリに機能はあるものの、

店舗サイドの対応が準備できていないという理由ではないかと推察するのですが、

店側では完全にクレジットカードと認識しており、少額での使用を断られるケースが

ありました。小銭に代わる支払は、むしろ期待されている部分だと思うのですが。。。

 

あと、チャージ金額を銀行口座に振り替える(戻す)機能も是非欲しいところです。

間違えてチャージしすぎたとか、お金をまとめて受け取ったなどという場合に便利な

機能だと思うのですが。。。この辺りも中国の競合サービスでは用意されていますので、

是非お願いしたいところです。

 

 

5. LINE Payの便利な機能

改善の要望はあるものの、LINE Payにはお金の支払以外にもとても便利な機能が用意

されています。

 

例えば、送金と割り勘です。いずれもLINEで友達登録している人との間でのお金のやり取り

ですが、一瞬で完了しますし、手数料もかかりません。

 

飲み会での割り勘で現金のやり取りをしなくてもいいというのはとてもスマートなやり方

だと思います。LINE社によれば、昨年5月時点でLINE Payの登録ユーザー数が3,000万人を

突破したとされていますが、私の周りでLINE Payを使っている人はまだ少ないんですよねー。

もっと一般的になって友人同士のお金のやり取りのデフォルトになって欲しいものです。

 

他の便利な機能として、外貨両替が挙げられます。韓国のSBJ銀行との提携で提供される

サービスのようですが、アプリで申し込めば、外貨を自宅、勤務先に届けてくれたり、

空港で受け取れたりするようです。

 

以前は韓国ウォンだけが取扱対象だと思ったのですが、現在は11通貨に増えたようです。

米ドル、ユーロ等のメジャー通貨はもちろん、人民元、シンガポールドル、香港ドル、

台湾ドル、タイバーツ、ベトナムドンなどのアジア通貨も両替可能とされており、使った

事はなのですが、非常に便利なサービスに進化したようです。

 

日本の国民的アプリとも言えるLINEを使って代金決済や、友人とのお金のやり取りが

可能になったという事で、今後はこれまで遅れていた日本でのキャッシュレス化の進展が

期待できそうです。

 

便利でポイントもドンドン貯まるLINE Payオススメです。

 

続編はこちら。

LINE Pay ポイント還元の変更を紹介します

LINE Pay ポイント還元制度が再び変更

 

 

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.