試してリコメン堂♪

中年オヤジが試したコト/モノをオススメするブログ
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
中国銀行デビットカード兼キャッシュカードをオススメしたい

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

- スマートな中国旅行を実現する方法 -

 

中国旅行を考えている貴方、過去の旅行でクレジットカードが

使えなかった貴方、中国銀行のカードを作りませんか?

 

中国内のATMからキャッシュカードとして人民元を引き出せる他、

銀聯ブランドのデビットカードとして中国国内で買い物にも使え、

いくつかの都市ではSUICAと同様、地下鉄やバスにも乗車できます。

 

QRコード決済の普及によりキャッシュレスが進む中国で、WeChat

PayやAlipayを使いづらい外国人旅行者にとって強い味方です。

 

中国銀行のデビットカード兼キャッシュカードをオススメします。

 

 

1. 中国のキャッシュ事情

中国ではキャッシュレス化が急速に進展し、微信支付(WeChat Pay)や支付宝(Alipay)

といったアプリをスマホに入れておけば、財布を持たずに生活できると言われています。

 

実際、タクシーやシェア自転車、バスに地下鉄、買い物、レストランから街中の露天の

ような小さな店に至るまでほぼ全ての代金支払いがスマホで完結します。

 

ここまで急速にキャッシュレス化が進展した背景には、偽札を掴まされるリスクとか、

最高額紙幣が100元(1,700円程度)のため、現金決済がそもそも不便という事情が

上げられます。

 

また、お店側からすると、現金のやり取りを省く事で、従業員が接客に集中できたり、

お金の着服やお釣りの渡し間違いのリスクを低下させられますし、客の側でも会計を

スムーズに早く済ませられるというようなメリットがあります。

 

実際のところ、街中で現金で支払いをしようとしても歓迎されている感じはしませんし、

100元札を渡すと紙幣鑑別機や肉眼で本物か否かの確認を何回もやっています。

 

そんな現金が歓迎されず、銀聯以外のクレジットカードも使いづらい中国で、スマホでの

決済手段を持たない外国人がいかにスマートに旅するのか、それを実現するのが中国の

銀行カードを持って行くという方法です。

 

2. 中国銀行キャッシュカード

ここでいう中国銀行は、岡山市に本社を置く日本の銀行ではなく、中国4大国有銀行の

1つである中国銀行(Bank of China)です。

 

中国銀行(BOC)の他、中国工商銀行(ICBC)、中国建設銀行(CCB)、中国農業銀行(ABC)が

4大国有銀行で、ほとんどの銀行が日本に複数の支店を開設しています。

但し、農業銀行については東京支店しかなく、法人向け業務のみを行っているようです。

 

他にも上海に本拠を置く交通銀行も東京に支店を有しており、農業銀行を除く銀行では

日本の個人も人民元の預金口座を開設する事ができます。

 

私は中国銀行東京支店で預金口座を開設し、カードを発行してもらいました。

他の銀行も同じでしょうが、中国銀行のカードは、キャッシュカードと銀聯(Union Pay)

ブランドの付いたデビットカードという2つの機能を有しています。

 

このため、カードを中国に持っていくとATMで現金を引き出す事ができる他、そのまま

デビットカードとして買い物等に使用する事も可能です。買い物代金は預金口座から

即座に引き落とされるので使いすぎの心配もありません。

 

微信支付や支付宝といった現代の中国を代表する決済手段を有しない外国人にとって

銀聯カードとして使える銀行カードは、極めて現実的な選択肢と言えます。

 

3. 中国銀行で預金口座を開設

 

カードを発行してもらうためには、まず銀行口座を開設する必要があります。

預金口座の開設に予約は不要なので、普通に支店窓口を訪ねれば口座開設ができます。

言葉を心配していたのですが、中国銀行東京支店の皆様は流暢な日本語を話されるので、

全くの杞憂に終わりました。

 

念の為ですが、「銀行口座を開設したい。」と口座開設の要望を中国語で伝えるのは

「我要开账户。(ウォヤオカイジャンフ)」です。

 

写真が中国銀行の預金通帳と乱数を表示するトークンです。

通帳は、日本の銀行のものよりもやや細長く、色と言い、材質と言い、どことなく

昭和の香りが漂ってきます。

 

そのどこか懐かしいような見た目とは裏腹に、実はマルチカレンシー口座になっており、

人民元のみならず、日本円や米ドルの入出金も可能で、インターネットバンキングにも

対応しています。

 

ネットバンキングの要否を聞かれ、使うと答えるとトークンをくれました。

 

資金の入金は、中国銀行支店内のATMの他、みずほ銀行の中国銀行名義の当座預金宛に

振込を行えば、自分のマルチカレンシー口座に振り替えてくれるので、特に不自由は

ありません。但し、みずほ銀行を経由した入金は日本円のみのようです。

 

預金通帳は口座を作成した日に受け取れますが、キャッシュカードは別途数週間後に、

店頭に受け取りに行く必要があります。ちなみに中国のキャッシュカードの暗証番号は

数字6桁です。

 

4. 中国銀行ネットバンキング

ネットバンキングでは、日本語表示がもちろん可能です。

ユーザーID、パスワードに加え、トークンに表示される乱数を入力してログインします。

 

ログインすると口座の残高確認ができる口座管理や振込画面等があります。当然ながら、

ネット上で口座内の日本円を人民元や米ドルに交換する、又は人民元を日本円に戻す

事もできます。

 

中国を旅する予定のある方は、円高局面で元を買って、口座に預けておくといいですね。

また、今後の経済発展の可能性を考えると金融資産の一部を人民元にしておくのも、

リスクヘッジの観点から有効かもしれません。

 

また、海外での決済により預金残高が乏しくなった場合、ネットバンキングで口座内の

日本円を人民元に両替すればいいのでとても便利です。

 

注意点として中国の銀行預金は、預金保険の対象外であり、人民元の定期預金を作成する

には別途店頭で定期預金口座を開設する必要があります。

 

また、日本の支店で開設した預金口座を微信支付(WeChat Pay)や支付宝(Alipay)に

紐づける事はできませんのでご留意下さい。

 

5. 中国で銀行カードを使う

中国も日本と同様、駅の構内やショピングセンター、或いは街中の銀行支店等、数多くの

ATMが設置されています。但し、日本とは異なり引出しができるのは、ATMを設置する

銀行のカードのみであり、日本のように手数料を払えば、他行のATMでお金を引き出す

事ができる訳ではないようです。

 

そういう意味でも支店やATMが多く設置されている銀行のカードが便利であり、各地を

旅行する予定のある方にとっては、全国展開する銀行のカードが望ましいと言えます。

この点、4大国有銀行であれば、全国に支店がある事からとても便利です。

 

一方、買い物での使用については、どこの銀行のカードかではなく、銀聯ブランドが

付いているか否かがポイントなので、どこの銀行のカードでも違いはありません。

 

キャッシュレス化の進展が進む中国で、微信支付や支付宝を持たない外国人が

スマートに旅をする事は簡単ではありません。空港の両替店で中国で歓迎されない

人民元の現金に割高な手数料を払って両替するというのも、何だか冴えません。

 

そういう意味でも、中国の銀行キャッシュカードは、スマートに中国を旅するための

必須の装備なのかもしれません。ここで紹介した機能は、特に中国銀行預金のみに

備えられているものではなく、中国の銀行であれば同様の機能を有すると思いますので、

アクセスしやすい銀行で口座を開設するといいのではないでしょうか。

 

6. 現在の使い方

1回目に中国旅行に行った際、いくつもの銀行を回り、最終的に招商銀行で銀行口座の

開設に成功しました。

 

これ、その担当者が受け付けてくれるかどうかで結果が違ってしまうので、地道に

色んな銀行を回ってみるしかないと思います。

 

口座開設の結果、WeChat PayやAlipayも問題なく使えますし、銀行アプリでの

スマホ等への資金移動も可能になりました。

 

そんな中で依然不便なのは、人民元の入金です。

 

そこで最近は、日本でインターネットバンキングで人民元を買って口座に入金し、

中国国内の中国銀行ATMで現金を引き出し、中国の銀行の口座に入金するという

オペレーションを繰り返しています。

 

中国銀行は銀行ATMの台数が多く、百度地図検索で近所のATMの場所が分かるので、

シェア自転車を駆使して引き出しと入金を行うというようなやり方です。

 

中国をスマートに旅するための中国銀行キャッシュカードの紹介でした。

 

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.