試してリコメン堂♪

中年オヤジが試したコト/モノをオススメするブログ
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
電子書籍ストア:hontoをオススメしたい

JUGEMテーマ:オススメの本

 

皆様は紙の書籍、電子書籍どちらがお好きですか?

また、本を買う時、書店、ネットストアのどちらを使いますか?

 

ネットストアや電子書籍の登場で本を取り巻く環境は激変しました。

 

私はできるだけ電子書籍を利用するようにしています。

理由は、置く場所を取らず、複数の端末でいつどこでも読めるのが

とても便利ですし、紙の本に比べて値段も安いからです。

 

現在では、電子書籍を販売するネットストアが数多く存在しますが、

その中でよく使うのは「honto」です。

 

電子書籍の場合、品揃えやアプリの使いやすさも重要でしょうが、

何と言っても値段の安さが重要だと思います。

 

品揃え、アプリの使いやすさはもちろん、価格競争力を兼ね備えた

電子書籍ストア「honto」をオススメします。

 

 

1. 電子書籍ストア「honto」

最近は本を購入する際、できるだけ電子書籍を選ぶようにしています。

場所を取らず、複数の端末でいつどこでも読めて値段も安い、といい事だらけです。

 

そんな電子書籍ですが、結構な数のネット書店が乱立しており、書店毎にアプリが

用意されているので、いくつもの書店を使うと、読みたい本を探すのが面倒です。

 

そうしてできるだけ集約した結果、現在専ら使っているのは「honto」です。

 

「honto」は、大日本印刷が運営するオンライン書店で、丸善、ジュンク堂、文教堂

といった大手書店と提携している点に特色があります。

 

「honto」のポイントは、提携書店とオンライン書店で共通なので、どちらでも使う

事ができます。

 

2. 電子書籍ストアは何で選ぶ?

電子書籍ストアを選ぶ際の決定要因とは何でしょうか?

 

本の品揃えの多さとか、アプリの使いやすさとか、人によって色々あるのでしょうが、

私にとって最も重要なのは、ディスカウントクーポンや値下げ、つまり価格です。

 

「honto」の場合、結構な頻度で20% offなどのディスカウントクーポンの案内が

メールで送られてくる他、30-50% offとかの特売の本も相応に提供されています。

最もお世話になっているクーポンは、1,000円以上の購入で20%offのクーポンで、

感覚的にはほぼ毎月使っています。

 

ほぼ全ての電子書籍の購入に使用できるので、読みたい本をリストアップしておき、

クーポンが送られて来たら、毎月買っているNHK中国語ラジオ講座のテキストと

併せて購入します。

 

こうすると全て20% offなので、とてもお得です。

更に購入でhontoのポイントが貯まりますし、支払にLINE PAYのJCBカードを

登録しているので、実効的な割引率は20%以上になります。

 

本の品揃えについては、他のネットストアと比較した事がないので、コメントが

できませんが、不便を感じた事はありません。

 

また、ストア選定の要素の1つに電子書籍アプリの使い易さもあるとは思うのですが、

電子書籍アプリって見た目は違えども、機能の違いは小さいですよね。

 

これまでamazon、ibooks、kinoppyなど様々なストアを使って来たのですが、主に

クーポンの魅力でhontoでの購入が増えた結果、今やほとんどの蔵書がhontoの中に

入っています。

 

こうなると、すっかりhontoにロックインされてしまいます。

 

3. 電子書籍ストア「honto」の強み

既にhontoが大手書店と提携しており、ポイントが共通で使える点を紹介しました。

書店との提携のもう1つの強みは、最近リリースされたアプリ「honto with」です。

 

これまでは書店で本を購入する際、プラスチックのメンバーカードを携帯する必要が

ありました。しかし、honto withの登場により、アプリ内に会員カード情報を持って

いるので、プラスチックカードを持参する必要はなくなりました。

 

また、honto withでは近くの書店の検索や、その店に自分が買いたい本の在庫が

あるか、更には欲しい本の取り置きを依頼する事も可能です。

 

どうしても紙の本が買いたい時なんかはとても便利な機能です。

 

4. 「honto」を使わない時

すっかりhontoにロックインされた私ですが、hontoではなく必ずamazonを使う

ケースがあります。

 

それは、語学の参考書や問題集などを購入する時です。

 

こうした本は繰り返し見直しますし、時には書き込みをしたい時もあるので、

そうした時は紙の本の方が便利です。

 

ただ、新品である必要はないので、amazonで中古本を探す事にしています。

残念ながら、hontoでは中古本を扱っていませんので。

 

中古本がなかったり、あっても新品とあまり値段が変わらない時にどうするか?

 

その時は、amazonかhontoの値段の安い方で新品を購入し、なるだけ汚さない

ように使用し、試験に合格したらメルカリで売却しています。

 

ただ、参考書とかを売るために汚さないというのも何か違うような気が。。。

 

本を取り巻く世界も本当に便利な世の中になったものです。

本のネットストア「honto」をオススメします。

 

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.