試してリコメン堂♪

中年オヤジが試したコト/モノをオススメするブログ
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
安心安全な資産運用、個人向け国債:変動10をオススメしたい

JUGEMテーマ:資産運用

 

変動10年という個人向け日本国債をご存知でしょうか?

 

10年物国債で、半年毎に利息が見直される変動金利建の商品です。

0.05%の最低金利が設定されているので、それ以下になる事はなく、

将来市中金利が上昇すれば、適用金利も高くなるというある意味、

おいしいとこ取りの商品と言えます。

 

最低金利でも一般の定期預金より高金利ですが、現在もいくつかの

証券会社がキャッシュバックを行っており、更に魅力を増した運用

商品になっています。

 

株式や外貨投資での元本割れリスクを取りたくない方への一押し、

個人向け国債:変動10オススメです。

 

1. 日本国債

日本国債は、言うまでもなく国が発行する債券であり、利息支払、元本償還に対し

国が責任を持つので、日本において最も信用度が高い金融商品と言えます。

 

銀行預金の場合、元本1,000万円までは預金保険で保護されていますが、それ以上の

金額については原則的に保証がありません。

 

また、預金保険自体も民間銀行が支払う保険料によって賄われてはいるものの、結局

国の後ろ盾があってこそ成り立つ仕組みという面もあります。

 

国債の信用力は、国そのものに支えられており、その安全性は民間のどんな銀行預金

よりも高く、英語ではRisk Free Asset、つまり信用リスク0の資産と呼ばれます。

 

そんな日本国債ですが、個人向け運用商品としての人気、知名度は定期預金等に比べ、

もう一つのようです。

 

国債は基本的に固定金利なので、現在の低金利局面では長期間運用金利を固定化する

事にお得感が乏しいところが難点です。

 

また、新発債の購入、満期までの保有を前提とするなら、半年毎に金利を受け取り、

最後に購入額と同額の元本を受け取る事ができます。

 

しかし、満期までの途中でお金が必要になった場合、債券の売却となるため、

その時点の金利水準によっては元本が増減することが起こり得ます。

 

国債は銀行でも買えるのですが、あまり勧められませんし、債券という商品の

性質上、証券会社イメージが強い点も国債を縁遠くしているのでしょうか。

 

2. 変動10とは?

変動10年は、2003年に第1回債が発行されて以降、定期的に発行されており、

2014年からは毎月発行されています。

 

その最大の特徴は、金利が変動する事で、適用金利は半年毎に見直されます。

適用金利は、直近の10年国債の入札における平均利回りに0.66を掛けた水準が

次の半年間適用されます。

 

但し、0.05%の最低金利が設定されているため、これ以下になる事はありません。

 

日銀の金融緩和により、適用金利は最低保証の0.05%がずっと続いてましたが、

2018年8月の募集分(第101回債)については、ようやく0.09%に変更されました。

 

このように変動10の適用金利は0.05%を下限とする一方、金利上昇時には引き上げ

られるので、将来預け替える必要もありません。

 

適用金利については、まさにいいとこ取りといえるでしょう。

 

個人向け国債には固定5年や固定3年と言う通常の固定金利商品も存在しますが、

オススメは変動10年の一択です。

 

変動10は10年国債ですが、1年経過後は売却による中途換金が可能です。

購入単位は10,000円以上10,000円なので、仮に200万円分の変動10を購入し、

50万円の換金が必要な場合、必要額の50万円分のみを売却することが可能です。

 

その場合、直近2回分の利息 x 0.79685が元本から差し引かれます。

つまり、直近2回分の税引後利息額を返却する必要があるという意味です。

 

但し、あくまで売却部分の話なので、先の例で言えば、売却額50万円に対応する

部分についてのみ、2回分の利息を返却する必要があります。

 

3. 証券会社の販売キャンペーン

証券会社数社は、変動10年の販売促進のため、キャッシュバックを行っています。

 

キャッシュバックを実施する証券会社の数も減少し、キャッシュバック額も過去に

比べ縮小気味ですが、実施中のキャンペーンは依然魅力的です。

 

例えば、大手証券会社では大和証券、みずほ証券、野村証券がキャッシュバックを

実施しており、100万円購入で2,000円(0.2%)、500万円購入で15,000円(0.3%)、

1,000万円購入で40,000円(0.4%)のキャッシュバック水準で横並びです。

 

但し、みずほ証券の700万円、800万円購入のみ、少し上乗せがあります。

従ってキャッシュバック水準では3社が大筋横並びながら、みずほ証券が最強です。

 

大手証券のうちSMBC日興証券、三菱モルガン・スタンレー証券は、過去に同様の

キャンペーンを行なっていたものの、8月募集分については発表されていません。

 

オンライン証券でもSBI証券、マネックス証券、楽天証券等で過去にキャンペーンが

ありましたが、現在はいずれも終了しています。

 

ただ、実施していた時もSBI証券が、50万円 購入で500円(0.1%)、1,000万円

でも10,000円(0.1%)の水準なので、大手証券に遠く及びません。

 

(  )内の%は、キャッシュバック額の元本に対する率を示しています。

つまり大手証券で500万円分の変動10を買うと、キャッシュバック額は元本の0.3%

に相当すると言う事です。

 

仮に購入から1年後に全額売却した場合、1年間の利息は元本から差し引かれますが、

キャッシュバックを返却する必要はないので、500万円を0.3%で運用できた事に

なります。

 

どうでしょう?

一般の1年物定期預金が0.01%という超低金利時代に、とても魅了的な運用手段

だと思いませんか?

 

仮に1年後、換金の必要性がなく、適用金利が上昇している、又は金利が上昇する

見通しがあるなら、単純に保有を続ければ手間はかかりません。

 

この金利が上昇した場合の魅力は、固定5や固定3では得られないもので、

キャッシュバックキャンペーンの魅力と相まって変動10を一択とする理由です。

 

変動10年オススメです。

コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.