試してリコメン堂♪

中年オヤジが試したコト/モノをオススメするブログ
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
中国で自在にネットを使えるSIMカードをオススメしたい

JUGEMテーマ:中国

- 中国でネットをサクサク使う方法 -

 

中国旅行でネット環境に不満を感じた貴方、中国旅行を

予定する貴方、日本同様のネット環境を用意しませんか?

 

China Unicom HKのPrepaid SIMカードをオススメします。

 


【中国聯通香港】「 中国 本土31省と 香港 7日間 2GB 上網 Data通信 専用 プリペイド / SIMカード 」

 

 

中国のネット環境

中国旅行で最も不自由なものは、ネット環境かもしれません。

 

日本で使っているスマホを中国に持参し、中国の通信キャリアへのローミングを通して

使用する事はもちろん可能ですし、北京や上海の街中では日本以上にフリーWiFiが

飛んでいるようです(但し、フリーWiFiの多くは中国の電話番号の登録が必要な模様)。

 

しかし、ローミングで中国のキャリアの電波を掴んだとしても、フリーWiFiの電波を

掴んだとしてもネット規制により、Google、Twitter、Facebook、LINE等々日本で

日常的に使っているアプリやネットサービスの多くを使用する事はできません。

(ちなみにメールやSMSは問題なく使えました)

 

慣れない海外で街歩きをするにはGoogleやAppleの地図アプリが必需品と言えますが、

残念ながら無い物ねだりです。また、訪れる観光地や交通アクセスの情報を調べるために

Google、Safari、Yahooなどで検索をかけようにも使い物になりません。

 

正直なところ、これはかなり不便でストレスが溜まる状況です。

 

この環境で使えるのは、中国版の類似アプリです。

例えば、地図アプリが必要な人は中国版Google Mapのような百度地図(百度地图)、

Googleのような検索アプリの百度(Baidu)、更にLINEの代わりは微信(WeChat)という

感じです。

 

こうしたアプリは日本でダウンロード可能なので、出発前にダウンロードしておく事を

強くお薦めします。中国でダウンロードするとインストラクションが全て中国語のため、

意味がよく分かりません。

 

百度地図はとてもよくできたアプリだと思うのですが、如何せん中国語表示のため、

最低限の理解はできても、ストレスが残ります。また、検索の百度は中国語サイトばかり

表示して、もう一つ要領を得ません。

 

異国の地でつぶやこうにもTwitterは使えないので、中国版Twitterの微博(Weibo)を

使う必要がありますが、当然ながら誰もフォロアーがいなければ振り向いてくれません。

LINEは中国版LINE、微信(WeChat)を使う必要があります。しかし、WeChat友達が

一人もいない状態では、そもそもコミュニケーションが成立しません。

 

 

China Unicom HKのSIMカード

そんな中国で、日本にいるのと同様のネット環境を実現するとてもいい方法があります。

それは、China Unicom HK(中国聯通香港)のPrepaid SIMカードを使う事です。

中国聯通は、日本でいうauやsoftbankのような立ち位置の大手通信キャリアで、

Prepaid SIMは日本でも購入可能です。

 

私はこのうち「跨境王」とデータカードを日本で購入し、試してみました。

どちらも中国本土と香港で使用可能、跨境王は有効期間30日間で、500MBのデータに加え

香港の電話番号がついているので、この番号を使った通話も可能です。データカードは、

7日間有効で2GBのデータ量です。

 

両方共Amazonで1,400円〜1,600円くらいで購入する事ができます。

 

これらのPrepaid SIMを使う事で、中国でも日本とほぼ同様のネット環境でスマホ、

タブレットを使用することができました。

 

また、途中でデータ量が足りなくなった時は、ネットでデータ量の追加購入が可能です。

 

個人的には中国で通話をする事がほぼなければ、同じくらいの値段で有効データ量が多い

データカードの方をオススメしたいと思います。

 

 

China Unicom HKのSIMカードを使うには

これらのSIMカードを使うためには、SIMフリーのスマホ、タブレットが必要です。

日本の大手通信キャリアのSIMロック解除済の機種に差し込んでも利用可能と思いますが、

今回は試していません。

 

SIMフリーのスマホを持ってない方は、中古の安いスマホを手に入れるか、旅の記念

として中国でスマホを購入するという手もありますね。

ちなみに中国で販売されているスマホは基本的にSIMフリーです。

 

今回はネット規制の厳しい中国でスマホ、タブレットをサクサク使うためのPrepaid SIM

カードの紹介でした。


【中国聯通香港】「 中国 本土31省と 香港 7日間 2GB 上網 Data通信 専用 プリペイド / SIMカード 」

 

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.