試してリコメン堂♪

中年オヤジが試したコト/モノをオススメするブログ
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
高雄:旗津半島へのアクセスを紹介します

JUGEMテーマ:台湾

 

高雄市の南に細長く伸びる旗津(チージン)半島は風光明媚な島で、

美しい砂浜と海が拡がり、海鮮料理店が立ち並ぶ観光地です。

 

高雄から気軽に行ける美しい島でサイクリングをしてみませんか?

高雄から旗津半島へのアクセスの紹介です。

 

1人歩きが不安な方にはVeltra(ベルトラ)の現地ツアーがオススメです!

 

高雄旗津半島観光 by Veltra

1. 地下鉄「西子湾」へ移動

旗津(チージン)半島は高雄の南にある細長い島で、高雄とフェリーで結ばれています。

と言っても、わずか10分弱の船旅ですので、とても気軽に訪れられる場所です。

 

旗津半島へ行くフェリーの最寄駅は、MRT(地下鉄)橘線(オレンジライン)の西の終点、

「西子湾」駅で、交通の中心「美麗島」駅からはほんの3駅です。

 

MRT以外に、黄緑色がシンボルカラーのLRT(路面電車)でもアクセス可能です。

LRTはLight Rail Transportの略で、中国語の路線図では「軽軌」とされています。

LRTの終点である「哈瑪星」(Hamasen)駅は、MRTの「西子湾」駅の2番出口と

繋がっているので、旗津島の観光後、駁二芸術地区や高雄85ビル、統一夢時代等に

訪れるなら、LRTを使うのが便利です。

 

LRTは2両編成の路面電車で、車両も新しく快適な交通機関です。

駅のホームと車両の中に悠遊卡(Easy Card)や一卡通用の交通カードリーダーが

備え付けられており、乗客はいずれかのリーダーにカードをかざして前払いで料金を

支払います。

車内には車掌がおらず、チェックのしようがないのではないかと思うのですが、

乗客はズルをする事なく、きっちり料金を支払っていました。

 

2. フェリーで旗津半島に上陸

旗津半島に話を戻すと、MRT「西子湾」駅の 1番出口を出て、左に向かいます。

 

案内板もありますが、「濱海一路」という大通りにぶつかるまで5分程度直進します。

目印なのかは不明ですが、大通りを右に曲がった所に緑色の人形がありました。

モニュメントを右に見つつ、緑色に塗装された道を更に5分程度進むと正面に目的地が

見えてきます。「鼓山輪渡」という名称のフェリー乗り場です。

正面はバイクの乗り場で、右に少し回り込んだところに乗客用入口があります。

入った所に交通カードのリーダーがあるので、悠遊卡か一卡通をかざしましょう。

料金はたったのNTD25(約90円)です。

フェリーは小型で、1階にバイク置き場、2階に乗客用の客室があります。

客室内には椅子が並んでいますが、外の方が気持ちのいい海風が楽しめます。

遠目に高雄85ビルや市街地を眺めながら、10分弱の短い船旅です。

時間が短いので、バイク客はバイクにまたがったまま、スマホをいじっていました。

あっという間に旗津島側のフェリー乗り場に到着しました。

フェリー乗り場を出ると、目の前にコンビニやレンタル自転車店が並んでいます。

 

ここで自転車をレンタルしましょう。

 

通常のママチャリに加えて、2人で横に並んでペダルを漕ぐタイプもあります。

ママチャリを借りたところNTD100(約360円)でしたが、特に時間の定めは無かった

ので1日料金でしょう。

デポジットの代わりにパスポート等の身分証明証を預けるよう求められました。

パスポートを預けるのは嫌なので渋っていると、結局ホテルのカードキーを預ける事で

話がつきました。

 

正直盗む価値がありそうな自転車でもなかったですが。。。

 

3. 旗津島をサイクリング

レンタル自転車のお姉さんが島の地図をくれ、訪れるべき場所を教えてくれました。

まあ、それほど大きな島でもないですし、道も簡単なので迷う事もないでしょう。

最近は地図アプリがあるので、スマホさえあればどこへ行っても楽勝です。

 

島の一番の見所は、地図の右端にある灯台と砲台の跡地のようです。

出発して10分程で駐輪場に到着するので、自転車を停めて歩いて丘を上がります。

結構な坂を上るので、息が切れますが、丘の上からは素晴らしい眺めを楽しめます。

その他にも星座の絵が描かれたトンネルや博物館、モニュメントなどがありますが、

特に驚くようなものではありません。

 

ただ、海岸沿いの公園から見える海を眺めながらのサイクリングは気分爽快です。

灯台のある丘を除けば、高低差が小さい公園で、自転車道が整備されているので、

とても走りやすいです。

 

4. シーフード料理を堪能

街の中心部には、お土産物店と店頭に魚貝を並べた海鮮店がたくさんあります。

但し、自転車を借りる時、お姉さんから海鮮を食べるなら街中の店は観光客向けで

高いのでこの店に行け、と街外れの店を教えてもらったので、そちらに向かいます。

 

公園北側の旗津三路という大きな道路を南東に進みます。

 

公園が途切れた辺りから観光地感がすっかりなくなりました。15分程走ると、

道路の左手に教えてもらったレストラン「萬二」小吃店の看板がありました。

看板を左折して200m程進んだ所に店があります。

 

何となくサンフランシスコのフィッシャーマンズワーフを思わせる雰囲気です。

テント屋根の大きなオープンスペースにテーブルと椅子が並んでおり、店の奥には

カウンターと多くの料理が並べられたテーブルがあります。

どこか海の家のような雰囲気もあり、客は地元の人が中心のようです。

そんな事情もあってか、英語は通じず、店員は中国語オンリーでした。

 

基本的にセルフサービスで、ビール等の飲料はカウンターで注文して受け取り、料理は

並んでいるのを取るか魚と料理法を伝えて注文するかです。

 

メニューなしに注文する中国語力はないので、並んでいる完成品を取って支払います。

 

席は自由なので空いている所に座ります。

真ん中の大きなテーブルにご飯が置いてあり、セルフサービスのシステムです。

 

イカとウチワエビを食べましたが、安いし美味しかったー。

 

海鮮を堪能した後、自転車を返して少し散歩してから島を後にしました。

フェリーは次々と出るので、特に時間を気にする必要はありません。

 

旗津半島観光は、3時間程度あれば十分に見て回れるくらいの小旅行です。

暖かい高雄で海を眺めながらのサイクリングは、とても気持ちのいい時間でした。

 

午前中に島に寄って、LRTで芸術区や高雄85を訪れるも良し、先に他の場所を

観光してから夕陽を見に島に渡るも良し、旗津半島観光オススメです。

 

1人歩きが不安な方にオススメの現地ツアーはVeltra(ベルトラ)!

 

高雄旗津半島観光 by Veltra

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.